【A1印刷】業界最速・最安値のA1ポスターパネル印刷

メールでのお問い合わせ


1枚からのポスターパネル印刷「ビジプリ」>A1 
展示パネルや学会の発表パネルにおすすめ


【A1ポスターパネル印刷】24時間365日営業中!

A1版での印刷は、店頭での商品紹介や、展示会での発表、卒業制作やサークルのイベント告知など幅広く利用されています。一般的な『ポスター』のサイズではA1版が最も使用されており、A1印刷は、ある程度の距離からの視認性を求められるシーンで有効です。

ビジプリでは、A1印刷を1枚から即日対応で承っております。まずはお問い合わせください。

半光沢紙、光沢紙、合成紙など目的にあわせた用紙もご提案させていただきます。

※A1短冊も対応可能です。くわしくは
A1短冊印刷をご覧下さい。


A1印刷/A1パネル加工料金表

特急便は最短3時間でお届け、通常便は当日発送、激安便は業界最安値
印刷のみ
6,000
3,000
1,500
印刷+ラミネート
8,000
4,000
2,400
印刷+パネル加工
12,000
6,000
3,300
印刷+ラミネート
+パネル加工
14,000
7,000
4,400
印刷+ラミネート
+パネル加工+アルミフレーム
18,000
9,000
6,800
【オプション】
紙製自立スタンド
800
800
800
【オプション】
アジャスターケース
2,000
2,000
2,000


※A1版のカット加工(直線・曲線)も可能です。詳しくはお問合せください。
※用紙は、光沢・半光沢・厚手コート・バックライトフィルム・合成紙(糊付)から選べます(料金は同じです)



【お急ぎのかた】業界最速でA1ポスター/パネルをお届けします!

業界最速!! 東京23区内は入稿から3時間
東京都下・千葉・神奈川・埼玉は入稿から5時間でお届けにあがります!!



■お届け時間一覧
エリア 特急便 通常便 激安便
東京23区 24時間入稿受付
3時間でお届け
17時までの入稿で
翌日AM以降
17時までの入稿で
4日後AM以降
東京都下 24時間入稿受付
5時間でお届け
17時までの入稿で
翌日AM以降
17時までの入稿で
4日後AM以降
埼玉・千葉・神奈川 24時間入稿受付
5時間でお届け
17時までの入稿で
翌日AM以降
17時までの入稿で
4日後AM以降
岩手・宮城・山形
福島・新潟・茨城
栃木・群馬・長野
山梨・静岡・愛知
岐阜・富山・石川
福井・滋賀・三重
奈良・京都・大阪
兵庫
19時までの入稿で
翌日AM以降
17時までの入稿で
翌日AM以降
17時までの入稿で
4日後AM以降
青森・秋田・和歌山
鳥取・島根・岡山
広島・山口・香川
徳島・高知・愛媛
19時までの入稿で
翌日14時以降
17時までの入稿で
翌日14時以降
17時までの入稿で
4日後14時以降
北海道・福岡・佐賀
大分・熊本・宮崎
鹿児島・沖縄
17時までの入稿で
翌日14時以降
17時までの入稿で
翌々日AM以降
17時までの入稿で
5日後AM以降
※一部対応できないエリアもございます
※土日・休日は入稿締切時間が1時間早くなります






業界最速!パネル特急便
詳細はこちら
即日対応!ビジプリ通常便
の詳細はこちら
業界最安値!パネル激安便
の詳細はこちら

5種類のA1サイズの加工方法

■印刷のみ(A1サイズ)

用紙に印刷を行ないます。
大型印刷機を使用し、A1より大きなサイズで印刷してから裁断しますので、余白は出ません。

厚手コート紙、糊付きの合成紙、光沢紙、バックライトフィルムなど、その他の用紙もご用意しております。
ご希望の場合は、ご注文時にご相談ください。

■印刷+ラミネート加工(A1サイズ)

用紙に印刷を行ない、表面をフィルムでコーティングします。
コールドラミネートと呼ばれる圧着型のフィルムを使用しますので、パウチの様に外側に余りは出ません。

マッドラミネート(つや消し)、グロスラミネート(光沢)の2種類からお選びいただけます。

■印刷+パネル加工(A1サイズ)

用紙に印刷を行ない、パネルに貼り付けます。
パネルは7mmのスチレンパネル(発泡スチロールパネル)を使用します。

パネルの厚さには本来種類がありますが、紙を貼り付けて使用する場合、薄い(5mm、3mmなど)パネルを使用すると
糊の乾燥により反ってしまうことが多いです。
この為、ビジプリではすべて厚さ7mmのスチレンパネルを使用しています。

■印刷+ラミネート加工+パネル加工(A1サイズ)

用紙に印刷を行ない、表面をフィルムでコーティングします。
そして、完成したものをさらにパネルに貼り付けます。
パネルは7mmのスチレンパネル(発泡スチロールパネル)を使用します。
ラミネートをしてからパネル加工を行なう事で、格段に質感が向上します。

■印刷+ラミネート加工+パネル加工+アルミフレーム加工(A1サイズ)

用紙に印刷を行ない、表面をフィルムでコーティングします。
そして、完成したものをパネルに貼り付け、最後にアルミフレームで額装します。
パネルは壊れやすく、角を下にして落としたりすると、簡単に潰れてしまいます。
アルミフレームで額装することで、これらのトラブルを避けることができます。
中長期でパネルを使用される場合や、人の多い場所(展示会など)で使用される場合はオススメです。

A1サイズの印刷 〜用途・特性〜

展示会で最も使用頻度の高い『パネル』

A1サイズは、展示会での使用頻度が最も高いパネルです。実際当社のパネル印刷においても、 展示会の出展者さまの80%程度がA1のパネルをご注文されます。
既存のチラシなどのデザインデータを、A4などでお持ちの場合が多く、 『既存のデータを引き伸ばして印刷したい』というご注文を多く頂きます。
A1版を印刷する紙の種類は「厚手コート紙」と「光沢フォト紙」等があります。

【合成紙】
A1のパネル印刷時に最も多く使用される用紙です。
一般的に合成紙は値段が高く設定されている事が多いですが、 ビジプリでは同価格でご提供しております。
印刷のノリがよく、強度が高いので特にこだわりが無い場合はおすすめしております。

【光沢フォト紙】 A1の印刷では、写真を全面に使用することはあまりないため、選ばれることは少ないです。
表面がツルツルしている、ツヤのある材質で、写真のような仕上がりができます。インパクトの強いグラフィック、ポスター、プレゼンテーションなどの印刷物に適しています。 いわゆる写真用のフォト光沢紙と似た仕上がりになります。

【厚手コート紙】 光沢フォト紙とは違い、落ち着いた材質となります。少々の光沢があり、写真など色の表現にもご利用いただけるのが特徴です。一般的な商業印刷に最も多く用いられている用紙で、ポスター、パネル、写真、カレンダー、看板案内サイン、店舗装飾などの様々な印刷物に対応しております。 パネル加工をせず、印刷のみや、印刷+ラミネート加工の場合に多く使用されます。

※屋外で使用する際は「ラミネート加工」をおすすめいたします。