ポスター印刷ビジプリ > 写真パネル > はじめての写真パネル印刷

はじめての写真パネル印刷


はじめて写真パネルを制作される方に、失敗しない5つの鉄則をまとめてみました。 それぞれ大事なポイントになりますので、制作開始前にぜひご覧ください。


鉄則@ 『画像ファイルのサイズ・解像度』

印刷を行なう際のDPI(ドットパーインチ:1インチの中に何個『点』があるか)は、350dpiとなります。 100mm×100mmの場合1400ピクセル×1400ピクセル程度ということになります。 ※200mm×200mmなら、2800ピクセル×2800ピクセルと、計算していただければ問題ありません。
これらの情報は、ファイルのプロパティなどで確認できます。



鉄則A 『カラーモードの設定』

写真画像ファイルにはカラーモードという設定があります。CMYKとRGBに大きく別れます。 これはその画像を表現する要素の違いを表しています。 RGBカラーは、光の三原色「R=赤・G=緑・B=青」のことです。 パソコンやスマホなどの画面はこのモードで表現されています。 CMYカラーは、色料の三原色「C=シアン・M=マゼンタ・Y=イエロー」のことです。 これに黒の部分を引き立たせるために黒い色素=Kを追加したものをCMYKと呼びます。

これらはもともとの成り立ちが【光】と【色素】ですので、完全に同じものを表現することはできません。 写真は撮影された段階で、このモードが設定されて保存されていますので、安易にモードを変えることはお勧めしません。



はじめての写真パネル印刷:等身大パネル印刷でのデータの作り方や入稿方法など詳しいご利用方法はこちら  

↑ページの上部へ戻る

ビジプリの関連サービス