ポスター印刷ビジプリ > 学会ポスター印刷 > はじめての学会ポスター印刷

はじめての学会ポスター印刷


はじめて学会ポスターを制作される方に、失敗しない5つの鉄則をまとめてみました。


鉄則@ 『まず最初にポスターサイズを確認する』】

学会ポスターを制作していく際には、まず最初にドキュメントのサイズを設定します。 しっかりレイアウトを作りこんでしまってから、サイズの変更や縦横比の変更をするのは、かなり骨の折れる作業になります。 ですので、まず最初に事務局などに掲示可能なポスターサイズの確認を行いましょう。 掲出可能な範囲の中で、ご自身が制作される学会ポスターのサイズを決定し、制作するソフトウェアにそのサイズを設定します。 すべての制作作業はここからスタートとなります。



鉄則A 『ドキュメントサイズは原寸大』

制作するソフトウェア(イラストレーターやパワーポイントなど)にドキュメントのサイズを設定します。 A4とA0は縦横比は同じですので拡大も可能です。ただ、一旦A4で作ってしまったものを拡大すると、 解像度の関係で画像も文字も、ギザギザの汚いものになってしまいます。 制作を開始する最初の段階で、原寸大のドキュメントをそこにマッチしたフォントサイズ、画像サイズで制作していきましょう。

パワーポイントを使用する場合は、制作したいサイズが作成可能サイズを超えてしまう場合があります。 例えば900mm×1800mmのサイズは原寸大での製作は、作成可能最大サイズを超えてしまうためできません。 その場合は縦横比を同じにしてなるべく大きなサイズで制作してください。450mm×900mmなど。



鉄則B 『まず全体のレイアウトを決める』

慣れないポスター発表の資料を制作していると、どうしても上から順に作っていってしまうことが多くなります。 そうして下の方にいくと、なんか余計に場所が余ってしまったり、足りなくなってしまったりということがおきます。 まず全体に【四角形ツール】などを使用して、面積割を行ない、構成を決めてから細部の作りこみをしていくのが鉄則です。

可能であれば、まずは論旨の流れを決めて大きな意味での要素の数とその内容を大まかに決めます。 その際に各要素に使用する画像の数や掲出したい大きさ、文章の量を決めておき、 これを手元に持った状態でデザインを開始するとスムーズです。



鉄則C 『カラーモードの罠にかかるな』

イラストレーターなど専門のDTPソフトでポスターの原稿を作成する場合、『カラーモード』を設定できる場合があります。 【CMYK】と【RGB】というものです。本来印刷は【CMYK】というモードでするものなのですが、ここにあまり とらわれない方がいいです。たとえば普通に撮った写真などの画像は、もともと【RGB】という形式になっているのですが、 これを無理やり【CMYK】モードのグラフィックソフトに貼り付けても、おかしなことになります。 写真が入っている原稿であれば、迷わず【RGB】モードのままご入稿いただくのが安全です。

ビジプリではいただいたデータのカラーモードに合わせて、最適な印刷データを作成しております。 なるべく画面に忠実に印刷されるようにしておりますので、無理してCMYKで制作する必要はございません。



鉄則D 『色の使いすぎに注意』

イラストレーターやパワーポイントで学会ポスターの制作を進めていく上で、やってしまいがちなのが『色数の使い過ぎ』です。 大きな原稿を拡大しながら作っていくので、パート毎に違う色や違う濃さ(明るさ)の同系統の色を使ってしまい、 後で全体を見てみるとガチャガチャな感じになってしまう場合があります。
方法としては、
@使う色は1種類に決め(黒を入れて2種類)に絞り、濃さ(明るさ)も変化させる
A使う色の濃さ(明るさ)を統一し、4種類程度(黒を入れて5種類程度)の色で表現する
というのが基本的な手法になります。

ビジプリではデザインのお手伝いもしております。 ある程度のところまでおつくりになられてから、その美化作業をご依頼いただくことも可能です。



画像の扱い方で失敗しやすいポイント

元々大きなサイズの画像であっても、一旦エクセル・ワードなどに貼り付けてから保存すると、サイズを勝手に小さくされてしまう ことがあります。その画像を再度エクセルなどからコピーして使用すると、ポスターサイズまで拡大した際に粗い画像になってしまいます。 画像を使用するときは、元の画像ファイルを貼り付けるように心がけましょう。



はじめての学会ポスター印刷:データの作り方や入稿方法など詳しいご利用方法はこちら  

↑ページの上部へ戻る

ビジプリの関連サービス