ポスター印刷ビジプリ > 学会ポスター印刷 > 特集記事 > シンポジウムの展示用ポスター印刷について

シンポジウムでのポスター展示


多くのシンポジウムでは学会と同様にポスター展示を併催しています。 シンポジウムと学会でポスター展示の様式に大きな違いはなく、 事務局様サイドで準備されたパネルに、参加者が用意したポスターを掲出する形式が多くとられています。 まずは参加されるシンポジウムの ポスター展示の展示スペースの大きさをお調べいただき、それに合わせて印刷データをご準備する必要があります。


POINT@:国際シンポジウムにおけるポスター展示

■持ち運びを考えると布製ポスターがおすすめ
紙系の素材には『半光沢紙』『光沢紙』などがありますが、これらの厚手コート紙は簡単に皺や折り目がついてしまうので、 おすすめできません。海外に持参する場合は折って収納しても折り目が付きにくい、布製のポスターをおすすめしております。 海外のシンポジウムでは『防炎』のものを指定されている場合もありますが、 ビジプリの布製ポスターは防炎認定されている材料を使用しておりますので、安心してご利用いただけます。



POINTA:国内シンポジウムにおけるポスター展示

■値段を考えると紙製ポスターがおすすめ
布に比べ価格も安く、きれいに印刷のできることから、国内のシンポジウムで持ち運びが可能な場合は、 半光沢紙という紙製のポスターがおすすめです。 紙系の素材でシンポジウム用のポスターをを印刷・作成する場合、一番のネックは『折れ』『つぶれ』による劣化です。 基本的に紙系の素材は丸めた状態で運搬しますので、外からの衝撃で簡単に潰れたり折れたりしてしまいます。 このため紙系の素材を使用してシンポジウムのポスターを印刷する場合、 持ち運びには、ポスターケースの使用をおすすめしております。



シンポジウムでの展示ポスターの準備

■掲出可能サイズの確認
まずはシンポジウムの事務局から通知されている掲出可能サイズをご確認ください。 そのサイズのベースをパワーポイントやイラストレーターで作成してから、内容を入れていくことになります。 サイズが大きく、アプリケーションで作成できない場合、縦と横をそれぞれ半分にして、面積で言うと1/4になる状態で作成ください。


■入稿締切とスケジュール
ビジプリの激安便をご利用いただく場合は、入稿の3日後に発送となります。 出発日の前日には受け取りたいと考えると、出発日の2日前に発送、出発日の5日前に入稿する必要があります。 特に英語のポスターの場合は校正にも時間がかかると思われますので、余裕をもったスケジュールでご準備ください。


激安便での入稿期限に間に合わな買った場合はビジプリの通常便をご利用いただけます。 15時(締め切りは17時ですが念のため余裕を持って)までにご入稿いただければ、当日発送が可能ですので、 激安便での入稿が間に合わなかった場合はこちらをご利用ください。

はじめての学会ポスター印刷:データの作り方や入稿方法など詳しいご利用方法はこちら  

↑ページの上部へ戻る

ビジプリの関連サービス