【布印刷】学会ポスターに最適|布の学会ポスター印刷

メールでのお問い合わせ

  • ビジプリの学会ポスター印刷:業界最速!最短3時間で『お届け』

ポスターパネル印刷ビジプリ > 学会ポスター印刷 > 商品ラインナップ > 学会ポスター商品【布(防炎クロス)印刷】

学会ポスター商品【布(防炎クロス)印刷】


◎海外など遠方の学会におススメ!!
国際学会など遠方の学会に参加される際におすすめな布印刷(布ポスター)です。

◎材質
防炎クロスという不織布に印刷を行ないます。 (不織布:実際に糸で織った布ではなく、科学的に作った『布状』のクロスです)




【布(防炎クロス)】特性

最近、国際学会などでよく使用される『布印刷(布ポスター)』です。防炎クロスといわれる印刷用の『不織布』に印刷を行います。 出たての頃は写真や画像があまりきれいに印刷できませんでしたが、最近はかなりきれいに印刷可能です。
特性としては、紙ではなく『布』になりますので、折りたたむことが可能です。ポスターを筒状にして海外での国際学会や、 国内でも遠方の学会に移動するのは大変です。たためればスーツケースに入れてしまえるので大変重宝されております。


【布(防炎クロス)】学会ポスター料金表

B0
(1030mm×1456mm)
1枚
4,800
1枚
7,500
1枚
15,000
B1
(728mm×1030mm)
1枚
2,700
1枚
4,500
1枚
7,200
A0
(840mm×1189mm)
1枚
3,700
1枚
6,000
1枚
12,000
A1
(594mm×840mm)
1枚
2,000
1枚
3,400
1枚
5,500
900×1800
(900mm×1800mm)
1枚
5,800
1枚
9,600
1枚
15,400




【布(防炎クロス)】メリット

一番のメリットは『畳んで持ち運べる』という事です。スーツケースの中にしまってしまえるので、 丸めたポスターが入った長い筒をスーツケースとは別に持っていく必要がなくなります。 次に、重さのメリットもあります。同じ大きさの紙のポスターと比べると半分程度の重さで済みます。 荷物が軽くなるのは大きなメリットとなります。
海外の学会での発表ポスターとして、布ポスターを材質として指定される場合があります。 火災などの際に延焼しにくい『防炎』の布ポスターを指定されている場合は、こちらの商品で対応が可能です。


防炎とは?

規定には『不燃』と『防炎』という二つの定義があります。『不燃』は燃えないという意味になりますが、 『防炎』は、不燃とは異なりあくまでも燃えにくいという性能を示すもので、 小さな火に接しても繊維が燃え上がらず、もし着火しても燃え広がりが少ないことを表します。
昭和43年から消防法に位置付けられた「防炎規制」は、高層建築物、地下街及び不特定多数の人が出入りする特定防火対象物などの防炎防火対象物では、 防炎性能を持つ防炎物品の使用が義務付けられていて、それらには「防炎」の表示を付けることになっています。
詳しくは、東京消防庁のページでご確認ください。
学会におけるポスター発表においては、多くのポスターを並べて展示する場合が多く、 学会によっては事務局から、布ポスターの製作の際は『防炎』でのポスター制作を求められることもあります。
ビジプリでは防炎認定を取得した用紙(布)を使用しておりますので、安心してご使用いただけます。


【布(防炎クロス)】デメリット

デメリットはあまりありませんが、強いて言えば『印刷の品質が若干落ちる』という事です。フォト光沢紙など 印刷専用のコート紙に比べると、やはり布ですのででこぼこした分、印刷のキレイさは落ちます。ただ、ある程度の距離から読む 学会ポスターの場合は、問題になるほどではありません。次に、本当に強く畳んでしまうと、跡が残ります。なるべくふわっと 畳んでお持ちいただいた方がよろしいです。スーツケースにしまう場合は、底に入れずに真ん中に入れて頂くとベターです。


はじめての学会ポスター印刷:データの作り方や入稿方法など詳しいご利用方法はこちら

【ビジプリの関連サービス】 学会ポスターSNSパネル写真パネル印刷等身大パネル印刷和紙ポスター印刷