【特集】等身大パネルの最適なデータ解像度|ビジプリ

メールでのお問い合わせ

  • 等身大パネル印刷:業界最速!最短3時間で『お届け』

ポスターパネル印刷ビジプリTOP等身大パネル> 【特集】等身大パネルの最適なデータ解像度

【特集】等身大パネルの最適なデータ解像度


【ポイント】 ◎解像度の仕組み
◎元データ選びが大切
◎ファイルタイプ別の注意点



解像度の仕組み

等身大パネル(等身大POP)を制作する場合、元の写真データやイラストデータに加工を施してデータを作成します。 作成したデータを印刷し、パネル加工してカットして完成となります。 全ての元になるデータは写真やイラストとなりますので、ここではその解像度についての注意点をまとめます。
解像度とは・・・一般的にdpi(dots per inch)=1インチ(2.54センチ)の中にいくつのドット(点)があるのか、で表わされます。 また、その点をpixelと呼ぶこともあり、要するに縦と横にいくつの点があるのかと、その密度を表わすための方法ということです。 100px×100pxの画像といえば、縦、横それぞれ100個の合計10000個の点で表現されている画像を指しますし、72dpiで縦横10インチの画像といえば、 縦、横それぞれ、720(72×10インチ)個の点で表現された画像を指します。元画像が最適化を考える場合、この『全体の点の数』が重要になります。


等身大パネルは元データ選びが大切

等身大パネルの元データを選ぶ場合、この解像度はとても大事な要素となります。ただ、
例えば、キャラクターに吹き出しを付けて、その吹き出しにコメントを入れて飛び出すようなカットラインを作るとか、 キャラクターの名前をキャラクターの図柄より手前に大きくデザインし、その文字が左右に飛び出すようにデザインするなどです。 自立するように重心を考えて制作いただく必要はありますが、デザインを見せて頂いて修正プランをご相談することも可能ですので、 まずは自由に考えてデザインしてみて頂ければと思います。


アピールできるデザイン方法

一番のメリットはラミネート付きの高品質な等身大パネルが安価な価格でお求めいただけるところです。 大事に使っていただければ、1年程度は問題なくご使用いただけます。


はじめての等身大パネル制作:等身大パネル印刷でのデータの作り方や入稿方法など詳しいご利用方法はこちら

【ビジプリの関連サービス】 学会ポスターSNSパネル写真パネル印刷等身大パネル印刷和紙ポスター印刷