ポスター印刷ビジプリ > 等身大パネル > 特集記事 > 【特集】等身大POPで効果的な販促・集客

【特集】等身大POPで効果的な販促・集客


【ポイント】
◎設置場所に合わせた素材選び
◎長持ちさせるコツ
◎販促効果の高いデザイン


等身大POPの設置場所に合わせた素材選び

まず、屋外なのか屋内なのかで基本的な素材が変わります。完全に屋外で雨にも太陽光にもさらされる場合、 『アルミ複合板(アルポリ)』と言われる中が樹脂で表面両面がアルミの薄い板になっているパネルを使用し、 自立スタンドも金属製のものを使用します。また、ラミネートもUVカット機能のあるマットラミネートを使用し、 太陽光により印刷されたインクが劣化して色褪せしにくくします。

半屋外で太陽や雨は直接あたらないが、湿気には当たりやすい場所に設置する場合、 半屋外用の『撥水加工のスチレンパネル』を使用します。長期で使用する場合は、自立スタンドを金属製のものにし、 最悪、劣化してしまった場合にパネルの刷り直しのみでスタンドは再利用できるようにするのもお勧めです。

屋内の場合は、『両面紙貼りのスチレンボード』を使用します。価格的に安い他社様の製品では、段ボールなどの素材もありますが、 当社では品質的な理由で採用していません。自立スタンドも紙製のものが最適となり、価格的には一番安い構成となります



等身大POPを長持ちさせるコツ

■自立スタンドのケア
屋内用の等身大パネルを使用する際は、自立スタンドが【紙製】となります。 自立スタンドの接地部分は常に地面と擦れる部分になりますので、あらかじめ強化しておくことをお勧めします。 白色の布テープで接地面を覆っておくと、耐水・耐擦過両面から長持ちします。


■パネル接地面のケア
同様にパネルの接地部分も紙ではありませんが、擦過による劣化をしやすい部分となります。 白色の布テープか透明のテープを貼ってから使用すると、長持ちさせられます。



販促効果の高い等身大POPのデザイン

■遠くからの視認性
POPとしての効果的なデザインの一つ目は、ある程度の距離からも視認してもらえるデザインということです。 設置場所から考慮して、『どの程度の距離から視認できればよいか』を決めてからデザインします。 視認性を高めるためには、『カットラインの形』『上部に使用する色』などを工夫することが効果的です。

■通過する際の注目度
次に、POPの目の前を通過するお客様への訴求となりますが、『立ち止まる』『目をとめる』というのが目標です。 この部分の効果を発揮するのは、『被写体の魅力』と『記載された文言』となります。 キャッチーな見た目の被写体を使用したり、『全品今だけ半額!!』など魅力的な文言を記載することで効果を期待できます。

■注目後のアクション性
最後に注目後、お客様にアクションを期待するためには、細部のクオリティが重要になります。 例えば飲食店であれば使用する画像が【いかに美味しそうか】が最終ファクタになりますし、 店舗であれば【いかにいい商品か】が最終ファクタとなります。



はじめての等身大パネル制作:等身大パネル印刷でのデータの作り方や入稿方法など詳しいご利用方法はこちら  

↑ページの上部へ戻る

ビジプリの関連サービス